危機の中で5つのビジネスアイデア

危機の時代には、多くの人がビジネスを行うことは有益ではないと考えていますが、これは必ずしも正しいことではありません。以下では、その逆を示す5つの例を紹介します。危機の中でビジネスのアイデアを実行するための多くの選択肢があります、それぞれの分野で賛否両論があります。私たちの目標は、あなたが危機に瀕している人々にどうやってお金を稼ぐことができるかを示すこと、またはお金を得るために彼らをだますことができないことを示すことではないということはすぐに注目に値します。それどころか、反対に、これらのアイデアのそれぞれは、困難な時代を乗り越えて仕事を提供するためにさまざまな程度の人々を助けることを目的としています。

危機の間のビジネスアイデアは何ですか?

危機の時でさえ、あなたはあなたに収入だけでなくそれを本当に好きになるだろうそしてあなたがそれで喜んで成長するであろうという考えを選ぶことができます。そのようなビジネスは、ゼロからビジネスを始めることと、さまざまなサービスを提供することの両方になり得ます。時にはそれは完全にそれを失うよりもビジネスの購入にあなたのお金を投資するほうが有益でしょう。私たちが危機の時に実行することを提案するすべてのアイデアを詳しく見てみましょう。

車の修理

自動車修理として2018-2019年の危機におけるそのようなビジネスのアイデアは、特に関連性があります。国の危機のために、それは新しい車を買うことを控えるのが賢明でしょう。したがって、古い馬を修理する必要があるでしょう。

ここでは、古い部品、サービスステーション、およびこの分野の活動の他のすべての部分を交換するためのサービスを提供できます。危機が乗り越えるときでさえも、どんな車も時間の経過とともに修理される必要があるので、このビジネスはそれほど有益ではないでしょう。

財務アドバイザー

この事業は、一時的な危機の間、それほど利益を上げることはできません。結局のところ、多くの人々は危機の時に最善を尽くすことがわからない。負けないようにどこにお金を投資するか。どの通貨を維持するのが良いのか、そして答えを見つけることができない何百もの質問でさえ。彼らは彼らが彼らの資産を救うのを手伝うことができる人にお金を払う気があります。

しかし、この考えには非常に重要な点があります。そのような時に何百人ものコンサルタントがいます、それは危機の前にこの分野で評判を持つことが非常に重要です、その場合あなたのアドバイスは重要になります。したがって、そのようなサービスは、あなたがすでに名声を得ている場合にのみ関連性があるかもしれません。そうでなければ、それはサポートされていない言葉でのみ残るでしょう。

法的機関

危機の中で、多くの人が知財を閉鎖し、他の人たちはさまざまな法的問題に興味を持つでしょう。そして、法律上の助言を与えることのような危機にある企業のためのそのようなアイデアは、良いお金をもたらすことができるでしょう。代理店である必要すらありません。慣れれば、インターネット上でオンラインでアドバイスをすることができます(すでに多くの人がやり始めています)が、そのようなサービスを受けるためには関連文書が必要です。

 

あなたが法的教育を受けていないのなら、それは大丈夫です、あなたは弁護士を雇い、彼に彼の仕事のために一定の料金を支払うことができます。

オープンショップ 中古品

危機へのアイデアは、サービスの提供や何かの修理にあるだけではありません。誰もが危機の時に自分のために新しい服を買う余裕があるわけではありません、そしてそれには何の問題もありません。中古店を開くのは難しくありません。あなたは卸売業者で服を買うことができます。あなたもそのような倉庫をオンラインで見つけることができます。

この服は高価ではないので、商品の最初の購入のためにあなたは真剣に投資する必要はないでしょう。あなたは小さな部屋を借りて、すべての必要な書類を手配して取引を始めることができます。この場合、重要なのは、磨耗していないものを検索する機能です。あなたはさらにネットワークを通して商品を売ることができます。他に何が観客の追加報道を与えてあなたの店を宣伝するでしょう。

エコノミーショップを開く

たとえ危機的な状況にあっても、人々は食べ物を買うのをやめません、もちろん購入数は減りますが、それでも存在します。小さなエコノミーショップを開くことは悪い決断ではありません。危機の中でこのビジネスのアイデアはさらに良くなります。結局のところ、人々はあらゆるペニーを節約し、より安い製品を購入しようとします。

しかし、 "エコノミー"という名前と混同しないでください、これはそのような店がいつもより少ないお金をもたらすという意味ではありません。商品の低コスト、売上高の増加により、店は商品をより安く購入し販売するための良い割引の機会を得ます。あなたはあなたのターゲットオーディエンスを特定し、それらに焦点を合わせるようにする必要があります。

危機の中でビジネスを行うことの利点

このような市場にとって困難な時期であっても、市場にとどまることや自分で事業を始めることを助けるいくつかの利点があります。これが5点のリストです。

  • 不動産の低価格。
  • 競争の激減。
  • 市場の再分配
  • ベンダーの譲歩
  • 機器などの販売

硬貨の反対側が常にあります、これは市場にとって困難な時代にビジネスの側です。競争の低さのおかげで、誰かがニッチに絞り込むことができます。しかし、やはり、この状況は個々のニッチでのみ起こるものであり、他のものははるかに少ない苦しみであるかゼロに働くであろうことを理解すべきです。

危機における悪い考え

困難な時期には、収入を生み出すことができるという考えだけでなく、不採算分野もあります。そのような5つの分野のうち、危機的な時期に需要が悪くなる分野の小さなリストをまとめました。

  1. 不動産会社
  2. 旅行会社
  3. 広告代理店
  4. 発送
  5. 建設

このリストは大幅に拡張できますが、これらは最も一般的なもので、スタートアップ起業家が実装しようとして失敗するものです。

どのようなアイデアを選択しますか?あなたは彼らの活動を合法化するためにIPとして形をとる必要があるでしょう。

これらは危機の中でビジネスのためのアイデアです、私たちは轟音のために困難な時代にあなたを提供します。あなたはあるビジネスにお金を投資することを急ぐべきではありません、あなたは最初にあなたが参入しようと計画している市場を詳細に分析し、模範的なビジネスプランを作成し、そしてあなたがビジネスを始めることについて考えることができます。

Loading...