液体石鹸の製造 - 事業組織、家庭での技術活動

専門家コミュニティは、起業家の起業家のために液体タイプの石鹸、液体石鹸の製造を消費者が使用する傾向に気付いている。製品には多くの好ましいパラメータ、有用性、および低コストがあるからである。需要の増加はあなたがあなた自身のビジネスを組織することを可能にします、そしてそれは簡単さのように思われます:レシピ、技術のような特徴を持っています。さらに、あなたはあなたがあなたの製品をどのように売るかについて考える必要があります。

製品の需要は、彼の体の純度、彼の世話をしたいという願望に対する人間の関心によってもたらされています。これらの理由から、液体石鹸の製造のために小規模生産を開始するという考えは有望な方向と考えられていますが、その実現のためには、この生産の微妙な部分、この製品の製造方法を理解する必要があります。

液体石鹸の製造 - 事業の始まり

液体石鹸の製造を組織するとき、初心者の起業家は彼が働くであろう製品のどんなメリットで、そして何が不利であるかについて理解する必要があります。

専門家は液体石鹸の生産のための肯定的なパラメータに注意してください、これらは以下のとおりです。

  • 生産の組織化はアパートのコテージから始めることができます。

  • 技術と全体のプロセスは普通の人には明らかです。

  • 事業を始めるのに大きなお金を必要としません。

  • 特別な機器は必要ありません。

  • 製造品に対する需要は常にあります。

このタイプのビジネスの組織化を推進するプラスの要因に加えて、専門家はマイナスの側面にも注目しています。

  • 市場にはこれらの製品の製造業者が多くあり、競争が激しい。

  • アレルギー反応を起こさない人は、この製造、および液体石鹸製造プロセスの一部である構成要素に従事することができます。

それはまた家で石鹸を沸騰させます、そしてそれは専門家によれば、それはビジネスを始めるのに重要です、それは大きな投資を必要としません。

この種の活動を開始することを決定した場合、意欲的なビジネスマンは、自分の事業活動を登録するための最も適切なフォームを選択する必要があります。この場合、専門家は申し出ます、そして、登録の2つの形態の選択は:個人の起業家精神、および「LLC」の形態の活動の組織です。それはすべて、起業家がどのように自分自身の生産を築くか、生産する製品の数、戦略的事業開発の計画にかかっています。

個々の起業家精神の形で起業活動が開かれたとき、ビジネスマンは簡易報告を行い、彼は認定資本を開く必要はありません、それは「簡易」税控除スキームを選択することになっています。

起業家は "LLC"の形で活動を開くことは彼の視点で液体石鹸の大規模生産の組織、あなたは彼のビジネスに彼らの貢献をし、認定資本を形成する創設者のビジネスに加えてもたらすことができることを理解する必要があります。

次のステップは、活動の遂行に必要な文書を集めることです。すなわち:

  1. 衛生サービス(SES)から働く許可。

  2. 火災検査から作業を開始する許可、施設の作業への意欲。

  3. 製品を入手するための原材料供給契約を締結する。

  4. すべての施設は、この種の活動への準拠を確認する必要があります。ライセンスは不要です。

専門家は、火災安全の要素を備えた施設に装備することに特別の注意を払います:消火器の存在と火災警報システムの設置。

エキスパートビジネス評価

専門家によると、主な利点は、液体石鹸の生産は、その積極的なパラメータによって引き起こされるその大量消費のために有益です。初心者の起業家から、あなたはあなたの活動をまとめることにおいて慎重なアプローチを必要とします、あなたが段階的にあなたのすべての行動を反映しなければならない行動計画(事業計画)を決めなさい。

以下の図で、専門家は活動の開始を見積もります。

  • 液体石鹸製造のためのワークショップの開催には、約150万ルーブルが必要になります。

  • 石鹸のこのカテゴリのすべての製造業者を考慮して、専門家は製品消費市場の飽和を「平均」と推定します。

  • 10ポイントの生産の複雑さについては6ポイントと推定されています。

あなたはどうやってこのビジネスを家ですることができますか

あなた自身のビジネスを始めることは必ずしも容易ではありません、家で液体石鹸の生産はあなたにあなたのビジネスチャンスを評価する機会を与えます、特にあなたが特別な装置を必要としないなら。

有害な添加物がないので、自家製の石鹸は常に需要があります、これのためにあなたは複雑な装置を取得しない必要があります、それはそれです:

  • 電気ストーブの存在は、あなたは2つの発熱体を購入することができます。

  • 石鹸のベースが溶ける鍋を用意する。

  • 煎じ薬を作るための皿を用意する。

  • 石鹸が注がれる形に注意を払う必要があります。

  • 個人用保護具を購入する。

  • 体温計を買う。

  • はかりを購入する必要があります。

  • 追加容量があります。

沸騰石鹸は保護剤を使用する必要があります、それはそれです:マスクとゴム手袋。石鹸に成分を混合して加えるためには秤が必要である、と専門家は時間が経つにつれて、多くの起業家のための秤の必要性が消え、石鹸にどれだけそして何を加えるべきかをすでに理解している。

テクノロジー

固体の「兄弟」とは対照的に、その調製方法における液体石鹸の製造方法、液体石鹸の製造技術の単純さは、調製方法における他のアルカリ元素の使用である。水酸化ナトリウムは固形石鹸に使用され、成分である水酸化カリウムは液体製品の製造に必要です。

専門家は検討のために液体石鹸を準備するための最も簡単なレシピを提案します(それは泡立ちがあり、完全に洗われるでしょう)、これは以下の通りです:

  • ココナッツオイル - 200グラム。

  • ひまわり油 - 470グラム。

  • 蒸留水470グラム。

  • 水酸化カリウム - 155グラム。

  • ベース用 - 蒸留水1140グラム。

  • ホウ酸 - 57グラム、これは227グラムの水に溶けます。

  • エッセンシャルオイル - 85グラム。

  • 染料。

  • コンテナ

  • マルチコーカー。

  • ミキサー(ブレンダー)。

  • 泡立て器。

専門家たちは、石鹸作りの家庭技術では、正しい量の油を注ぐ必要があるスロークッカーを使用するのがより良いことを確認してから、混合物を70度に加熱します。アルカリ性溶液の製造、水と混合した水酸化カリウムの製造と組み合わせて油を加熱するプロセスは、様々な音(しわ、うがい音)を発し、この目的のために溶液を完全に透明状態に混合しなければならない。それからそれはゆっくり加熱されたオイルに加えられるべきです。油とアルカリ溶液を混ぜ合わせた後、混合物全体を叩きます。

混合物の仕事の30分後の状態はプリンに似ているべきであり、混合物は混合の丘と痕跡を持っているべきであり、徹底的に泡立てられるべきです。それからあなたはブレンダーを取り外して蓋をしたまま約20分待つ必要があります。ふたを再び開くとき、混合物は層状にならないはずです、そのような分離が観察されたら、混合物を再度混合することは必要です。専門家は混合物の状態を4時間チェックするために30分毎に推薦します。

調製過程における石鹸はその形成段階にあり、それは

  • ムースの状態(プリン)

  • 塊がクリームのように見えるとき。

  • 混合物はマッシュポテトに似ています。

  • 質量がタフィーに似ているとき。

  • しこりの形のワセリン。

  • 透明ワセリン、シングルマス。

レディネステストは、混合物が半透明の外観を呈し、約50グラムの煮沸水(熱い)および30グラムのペーストがそれに加えられるとき、4時間の作業の後に始まり、すべてがよく混合されなければならない。溶液の色が変わった場合、それは濁ってきました、これは石鹸が希釈されていないことを意味します。

ペーストを正しく溶かす方法

液体石鹸製造は、忍耐力とプロセスの順守を必要とする事業です。

石鹸が家で作られるとき、段階から段階に移動します。その後、得られた混合物が透明性を保持するか、またはわずかな濁りがある場合(これは正常である)、1140グラムの蒸留水を沸騰させ、石鹸ペーストの上に慎重に注ぐべきである。

  • 予熱した留出物をペーストの上に注いだ後、それを少しかき混ぜてふたで覆い、マルチコーカーの加熱を止める。

  • 60分後、蒸留水を加えた混合物を再び混ぜると、混合物はまだ塊状になります。

  • 約30分後、蓋を開けて混合物を混ぜます。

  • さらに30分後に手順を繰り返します。

専門家は、夜の計画を立てるために石鹸を待つ(熟成させる)プロセスをアドバイスします。製剤中の液体石鹸は、固形石鹸よりも少し多いアルカリを必要とし、中和剤を調製する必要がある。これを行うには、マルチコーカーで溶液を70〜80度に加熱し、中和溶液を並行して調製します。これは蒸留水(227グラム)に57グラムのホウ酸を加えてよく混ぜます。ペーストに中和剤を22gのペーストに対して1gの割合で添加することが必要であり(重量は水なしで測定される)、中和剤を添加する過程で温度を維持することが必要である。

専門家は、最初に中和剤の一部を注ぎ、溶液を十分に混合し、混合物を10〜15分間放置し、中和剤の後半をそれに加えることを推奨します。その後、染料と風味をほぼ完成した石鹸に加えることができます。風味剤は、約2重量%の石鹸溶液に添加され、それから全てが完全に混合されなければならない。

完成したソリューションを休む

液体石鹸を準備するときは、タンク内のすべてのプロセスを通過した後に大量のそれを注ぎ、冷たい場所に放置する必要があります。これは小さなバッチにもあてはまり、その時点で溶液は「静止」し、そして未溶解の油粒子の自然沈殿のプロセスが起こる。液体石鹸を「リラックス」させるプロセスは、少なくとも170〜180時間、つまり少なくとも1週間はお勧めします。

汚泥のプロセスが終わったら、石鹸は準備された皿に注ぐことができます、それは特別な皿にすることができますが、容器の底から浮遊沈殿物を持ち上げないようにしながら。この難しくないレシピが習得されるとき、それは液体石鹸の準備のより困難なレシピに進むことは可能です。

専門家は、スタートアップ起業家がすべての行動を計画し、それを行動計画(事業計画)に反映させることを推奨します。石鹸製造の生産を始める前に、特別な文献を読むことが必要です。起業家は、準備した石鹸の品質を独自に評価することを学ばなければなりません。

それは提供される製品の外観を忘れないようにする必要があります、皿は美しいラベルで、厳密な容量でなければなりません。石鹸は心地良い香りがするはずです。

Loading...