ロシアにおけるポリプロピレン製バッグの製造 - 事業として

アナリストによると、ロシアでのポリプロピレン製バッグの生産は商業活動の有望な分野であり、確立された販売システムにより、投資を迅速に回収し、安定した収入を得ることができます。最近では、若いビジネスマンの大多数が最新のコンピュータ技術やIT分野などに焦点を当てて自分のビジネスを創出しているとき、収益の高い商業プロジェクトを選択するとき、古い組織の起業家のほんのわずかな割合しか伝統的なマーケティング手法を使用しません。

需要は、一方ではビジネスを構築するための基盤であり、他方では競争はその開発へのインセンティブです。当然のことながら、現代の状況では、ガジェット、ソフトウェア製品などに対する需要ポリプロピレンバッグよりもはるかに高い(我々の国の各住人の観点から)が、この分野では多くの競争があり、そしてこのビジネスの発展は巨大な投資と優秀な専門家の関与を必要とする。考慮された包装製品の製造の問題に関する詳細な研究は、あなたが客観的にこのビジネスラインの見込みを評価して、それがあなたの地域でこのビジネスに従事する価値があるかどうか決定するのを助けます。

ポリプロピレン製バッグの製造 - 準備段階

商業プロジェクトの実施は詳細なマーケティングリサーチから始まります。

  • あなたの地域で活動している潜在的な競合他社の分析(これらの製品のためにいくつの事業体が市場で活動しているか、彼らの製品の品質とコスト、使用されている技術)。

  • 潜在的な購入者の調査(購入するバッグの数、購入した製品の品質とコストが十分かどうか、提供される製品への関心を高めるために必要なことなど)

あなたの仕事は、特定の地域でこれらの製品を販売するバッグの新しい製造業者の見通しを決定することだけでなく、事業会社と競争するための実際の計画を作成することでもあります。会社の発展のために十分な利益を得ながら、これらの商品の製造技術があなたがそれらを競合他社のコストより20%安く売ることを可能にすると思うなら、あなたは安全に行動することができます。

次に重要な点は、将来の生産企業のための事業計画の準備です。マーケティング調査の結果に基づいて、あなたは完成品のおおよその月々の販売量を決定することができます、そして、ポリプロピレンバッグの生産技術、原材料のコストと初期投資と関連して得られる情報はそれぞれの製品のコストを計算する機会を提供します。完成品の製造と販売のコスト、おおよその収入(総収入)を含む商業プロジェクトの支出部分で、このビジネスの主な財務指標を決定することができます。

経済的な教育なしに実際の事業計画を立てることに関わったことがない人は、その仕事をうまくこなすことができないでしょう。したがって、自分の能力に自信がない場合は、専門家に相談してください(できれば、友達や親友の推薦に基づいてエコノミストのサービスを利用する)。この場合、あなたは保存することができません、高品質の財務文書はあなたに困難な状況から最も最適な方法を教えてくれます。

前述の調査および編集された事業計画によって、問題の商業プロジェクトが有望であることが確認されたら、生産組織の主要段階に進むことができます。まず第一に、州の機関に登録し、すべての許可を得ることが必要です。ロシアでのポリプロピレンバッグの製造と販売のために、あなたは働くことができます、あるいは個々の起業家として、あるいはLLCを作ることができます。最初の選択肢は、自分の首都だけに頼って、パートナーなしで小規模に事業を組織することを計画しているビジネスマンにはより適しています。あなたが絶えず生産を拡大するか、さらなる活動に従事するか、パートナーを引き付けるか、または融資のために銀行に行くことを計画するなら、法人は必要です。

生産組織

製袋技術は、一次または二次ポリプロピレンの使用に基づいています。それは原料を準備すること、追加の成分を混合すること、および特別なノズルを通して混合物を圧延することのような工程を含む。得られた合成糸をボビンに巻き取り、それからそれから布を製造し、それを将来の製品のサイズに切断する。最後の段階では、準備されたキャンバスがステッチされ、首が加工され(安い製品は加工されません)、ロゴ/商標または製品に関する一般情報が入れられ、梱包されます。

二次ポリプロピレン顆粒を購入する機会があれば、最終製品の製造コストは低くなります。理想的には、回収ポイントをリサイクルし、その後購入した廃棄物をペレットに加工する作業を整理することが可能です。

生産ワークショップが設置される施設には特別な要件があります。それらは住宅地から50 mの距離に配置されなければならず、流水、通常の換気、下水および暖房システムを持ち、さらに火災安全の要件を満たす必要があります。これらの指標はすべてRospotrebnadzorの検査官と火災検査官によってチェックされます。

小規模のフルサイクル生産ラインのメンテナンスには、3人が必要です。完成品の販売の確立されたシステムの存在下では、そのような企業は2つのシフトで活動しています。製袋工場の職員は、シフトスーパーバイザー、設備技術者、主任会計士、セールスマネージャー、ポーターの便利屋、運転手から構成されています。最初に会社の仕事に特別な注意を払うべきです。経験豊富な起業家は、少なくとも6ヶ月は、企業の仕事に直接参加することを強くお勧めします。この間、あなたは資格のある誠実な従業員を見つけるだけでなく、技術プロセスのすべての機微を学び、お金を節約できる場所を見つけ、企業内で利用可能なすべての盗難方法を排除することができます。

この事業を始めるためには、少なくとも200万ルーブルが必要ですが、通常は確立された売上高で、これらの投資は1年か2年で返されます。この場合、あなたの製品のコストは2.5ルーブル、そして完成品の平均販売価格 - 8ルーブルを超えないでしょう。

ロシアでのポリプロピレン製バッグ製造の全段階を詳細に調査したところ、これは非常に有望で収益性の高いビジネスラインであることがわかりました。

Loading...