ビジネスプランアトリエ仕立て - 開き方

なぜ洋服を仕立て直して修理するのか──そしてこれは売り出し市場が飽和状態にあることによるものです。オファーが非常に多いため、自分のスタジオを開くための起業家精神はより有望なイベントです。合理的なコストで高品質の製品を提供する機会がある場合、少量生産の組織ははるかに興味深いものです。

縫製事業の分野での起業活動の開始は、将来の発展の見通しを持っています。現代の女性はより頻繁に個々の注文に目を向け、オリジナリティの代価を払っても構わないと思っています、そして彼が材料を買ってマスターの仕事の代金を払うので、サービスの消費者にとってより経済的です。

ビジネスプランアトリエ仕立て - 特集

専門家は、縫製を愛する人が、ほとんどの場合、自営業に従事しているわけではないという点で、人口のための服の仕立てと修理は特定のものであると彼は通常職人のチームで働いています。例外はありますが、このため、少量生産に取り組むことは稀です - 彼のスタジオのオープンは有益なイベントになるでしょう。

この問題において起業家の商業的スキル、起業家活動の選ばれた方向で学ぶ能力を持つことは非常に重要です。

縫製生産の特徴があります、それはです:

  1. アトリエを開くための開始費用は高いです。 12か月後の生産の見返り。この機能は、マーケティング期間とその訪問者の検索が原因で発生します。あなたが顧客の着実な流れに取り組み始めた瞬間から、それは3-6ヶ月からかかることができます、それはあなたの広告によります。

アトリエを開くとき、起業家は季節性を意識する必要があります。このパラメータが生産収益に与える影響を少なくするには、ビジネスを追加サービスで多様化する必要があります。

  1. このニッチな事業活動におけるマーケティングは非常に重要です、これはスタジオの成功した仕事の特徴の一つです。

  2. 地域的に正しく活動を位置付ける能力は食料品店ではありません。スタジオには中高所得者(お金を持っている人)だけでなく、太りすぎの、標準的ではない形の数字を持つ人々がいます。

  3. あなた自身のスタジオから高い収入を期待する必要はありません、あなたはこれのために努力しなければなりません、しかしこの種の活動は通常の利益と安定性をもたらすでしょう。

彼のスタジオを開いた起業家は彼の仕事にそれらを引き付けるようにしなさい、良い職人によって導かれるべきです。

アトリエ仕立て

あなた自身のアトリエを開くことを検討するとき、それは1台の機械と何人かの顧客との家庭ベースの仕事ではありません - 服を作るためのアトリエのための事業計画を持つべき事業です。

一般的に、すべての費用は起業家の選択によって異なります。

  • 活動の種類の選択(修理または調整、両方)

  • 機器の購入方法(リース、レンタルまたは購入)

  • スタジオのオープンに投資するためにいくらお金がありますか。

専門家たちは、都合の良い労働条件のもとで、10〜14ヶ月で自社の縫製スタジオのプロジェクトが成果を上げていることを理解する必要があると考えています。

活動の開始のタイプとして服の修理のみを選択して、あなたはその地域にそれほど広くない部屋を借りることができます、それに数台の車を置きます。

修復には、次の操作が含まれます。

  • 壊れた雷の交換

  • スカートとズボンを短くする。

  • 服を姿に合わせる。

  • 可能であれば軽微な損傷の後に服を修理してください。

この場合、高品質の仕事を実行するために、服の修理のミニプロダクションのために適切な場所を選択すること、そして「口コミ」に賭けることが重要です。この一連の活動は、1か月に最大9万ルーブルの安定した収入をもたらします。

修理と調整のためのワークショップを開くには、まず彼のプロファイルを検討する必要があります。

  1. アトリエでは、マスターが仕事をし、調整の際にあらゆるサービスを提供します。ここでは、より多くの機器コストだけでなく、より高い利益があります。

  2. 狭い範囲の衣服、ユニフォーム、オーバーオールを仕立てるワークショップ。ミシンバッグを多様化することをお勧めします。

どこから始めるか

起業家ビジネスを開こうとしている、それは需要を監視する段階で調整するためのアトリエのためのビジネスプランを作成する必要があります。それは開会の費用を考慮に入れます、すなわち:

  • PI(個人起業家)の開設、必要な資金 - 3000ルーブルまで、それはもう少し自分でそれを行うことをお勧めしますが、それは事業を始める際にサービスを提供する企業を介してよりも安くなります。

  • 建物の選択とレンタルは、決済、場所によって異なります。

  • 機器の購入またはレンタル

  • マーケティング費用

機器が正しく選択されている場合、専門家は約40万ルーブルの量で小さなスタジオの開業を計算します。

それは前提の選択後にIPを登録することをお勧めします、そしてあなたはすぐにあなたの生産の住所を文書に示すことができます。 OKVED税控除のコードはあなたの活動の方向に選択されています。 7営業日で独立して企業を開くことが可能です。あなたは防火サービスを訪問しなければなりません。

スタジオで必要な機器

起業家は、自分のビジネスを計画するときに、仕立てスタジオをどのようにして開くか、そしてどのような機器を最も適切で最適なラインで購入するかに常に関心を持っています。この目的のために、それはコンサルタントとしてこのビジネスで働いている仕立て屋を招待することをお勧めします、彼女はあなたが正しい部屋を選んで、最高の備品を選ぶのを手伝います。

スペシャリストが小さなスタジオ用の機器一式を提供しています。リストは以下のとおりです。

  1. スタッフ用の作業台と椅子。条件は最大の利便性です。

  2. ミシン、作業計画と床面積の量、すべての操作のセットを持つ専門家、1から3万ルーブルのコスト。スタジオの専門分野の方向性を選択した後、あなたは購入することができます:

  • フォームを提出するための機械。

  • オーバーロック。

  • アイロン台。

  • 蒸し器

  • 鉄。

スタジオで人気のある生地のセット、色違いをお勧めします。ここでは、訪問者に課せられる義務が少なくなればなるほど、その規則が機能します。

  1. さまざまな "ささいなこと"は次のとおりです。ハンガーとハンガー、指ぬき、定規、はさみと他の機器。

  2. 照明暗闇の中で作業面を十分に照らすためのテーブルランプ。

  3. 訪問者のための家具(ソファ、アームチェア)。

  4. いくつかのミラー

  5. 設備の整ったフィッティングルーム。

  6. 消火設備(消火器、警報システム)

  7. レジ、ただしレジなしで仕事をする場合は小切手が必要です。

これは最初のリストですが、マスターは必要な機器の購入を依頼することができます。この場合、起業家は常に彼らと一緒にいる必要があります。

縫製事業の詳細

仕立て(アトリエ)の少量生産、その長所と短所を理解するためには、多くの服や異なる色が潜在意識に魅力的に作用するとき、人類の女性の半分の多くの代表がショッピングマニアを持っていることを理解する必要があります。彼らが購入後に帰ってきて購入した商品を普通に試着し始めたときに洞察が得られます。その結果、彼らはしばしば完成する必要があります。

顧客の個々の注文が彼らの長所と短所をどのようなものにするかを考えてみてください。これは良い点です。

  • スタジオの服はいつもあなたの形をしています。

  • 厳粛な出来事に独自の仕立てをする可能性。

  • 生地の質感を選択するクライアントの能力。

  • クライアントによるスタイルとアクセサリーの選択。

  • 職人の助けを借りて仕立てることにおける彼ら自身の考えの具体化。

スタジオで仕立てることの否定的なニュアンスは以下の通りです:

  • 本当に独創的な服と品質を得るためのプロセスの期間。

  • 結果を見越してがっかりする可能性。

スタジオに来た潜在的な顧客は、初めて服を注文する危険性があることを理解する必要があります。そのため、プロのカッターと正しく測定できる人が必要です。

スタジオの場所を選ぶ方法

起業家が仕立てスタジオを開く方法を検討しているとき、彼はそれをどこに置くかについて考えるべきです。それはあなたのビジネスが行く方法が完全に明確ではないのでそれは建物の購入ではなく、その家賃の購入を選択することをお勧めします。

以下の基準に従って建物の賃貸料を保持する必要があります。

  • 「浸透性」、人間の流れの存在(モール、市場)。

  • あなたは街の住宅街にミニスタジオを開くことを検討することができます。

  • 公共サービスのために店や他のワークショップの近くに施設を借りる可能性を無視することは不可能です。

家賃のための施設を選択して、ルールを使用して、これは家賃のコスト(最良の選択肢を選択)、人々の流れの存在です。

スタッフ

アトリエを開くとき、起業家は彼の活動の回収期間がいつ起こるかについて常に考えます、そしてこれは職人のスキルレベルのような基準に依存します。従業員を選択するための最良の選択肢の1つは、在宅勤務で獲得したコミュニケーションの尊厳を今も持っている、知人を雇うという選択肢です。

デートオプションが使い果たされたときは、マスターの検索または友人の推薦に関する従業員の採用に目を向けることができます。また、特に縫製学校がある場合は、空席情報の掲載を無視しないでください。

初心者や若い仕立て屋は才能のある人になることができ、主なことは彼らの資格を確認することです、あなたは仕事の試験期間でそれらを雇うことができます。

従業員の数はあなたのスタジオの選ばれた焦点によって決まります。修理作業のためには、3人で十分です、そして広く知られているスタジオのために、あなたはスタッフリストを持っている必要があります:仕立て屋、カッター、ファッションデザイナーと他の専門家。

収益性の計算方法

方向が選択され、スタジオの場所が決まったら、企業を開くためのコストとスタジオの収益性を計算することができます。私たちは20平方メートルの小さな縫製生産の起業家の方向を推定しましょう。従業員数は次のとおりです。

  • 仕立て屋 - 二人。

  • カッター【一人用】

  • 会計士と組み合わせた所有者(所有者)、一人。

費用:

経費項目の名称

必要な金額(こする)

スタジオの敷地

48万

お針子のための機械(3個)

6万

オーバーロック機

14千

スチームアイロン

1万

アイロン台

1,5000

別の "ささいなこと"

7千

その年の従業員の報酬

60万

その年の光熱費

6万

家具および照明、消防設備

2万

外装バナー、看板

1万

総経費:

100万262万500

期待利益:

どこで利益

1年あたりの金額(こする)

40セットの注文調整(月)に基づく

96万

衣服の修理やその他の作業(日)

36万

合計:

100万32万

提示された計算から、このタイプの仕事のスタジオが仕事の12-16ヶ月で成果をあげることは明らかであり、それはすべて仕事がどれほどうまく行われたか、そしてあなたのサービス提供に対する要求は何であるかに依存します。最初に開始する投資は次のとおりです。

  • 毎月の家賃 - 4万ルーブル。

  • お針子のための機器 - 92000ルーブル。

  • 仕事のための「小さなもの」 - 7000ルーブル。

  • 家具やその他の機器 - 最大2万ルーブル。

  • 外部サイン - 1万ルーブル。

  • 合計:169000 500ルーブル。

上記の計算によると、開始には17万ルーブルが必要になり、プロジェクト全体で最大16か月以内に返済されます。

仕立てスタジオを開くときは、その場所と操作モードに特に注意してください。最初の「毛穴」は午前9時から午後8時まで可能な限り長く働くようにしてください、あなたは営業日と土曜日と日曜日に顧客を引き付けるためにすることができます。すべての地域の資源について良い宣伝とマーケティング活動をすることが必要です。訪問者に対する注意深い態度は常により多くの顧客をもたらします。指定された期間内に注文の履行のルールに従うようにしてください。

Loading...