企業内紛争 - 企業法上の紛争に関する案件の検討5段階+仲裁プロセスにおける企業内紛争の専門的解決

企業紛争の管轄について問題が発生した場合仲裁プロセスで企業紛争が発生した場合、どのように対処しますか?企業の対立を権利に違反して解決するにはどうすればよいですか。

みなさん、こんにちは。デニス・クデリン - あなたと雑誌「HeatherBober」の常連作家。

紛争を解決するための最善の方法は、相互に有益な条件で平和的に交渉することです。残念ながら、このオプションは常に可能というわけではありません。多くの場合、紛争、すなわち司法を解決するために第三者の存在が要求されます。

この記事では話します 企業紛争について - 会社、企業、合資会社内で発生する紛争状況。それらを解決することは、近隣諸国間の紛争や民間債務の問題よりもはるかに困難です。このような場合には、専門の弁護士や弁護士の参加がほとんどの場合必須です。

記事の最後に、法的実体内で発生する物議を醸す状況を解決するのに役立つ信頼できる会社のレビューがあります。

1.企業紛争とは何ですか?

商業活動や行政活動は、常に理想的な状況で行われるわけではありません。友好的なチームの中でさえ、意見の相違や対立がしばしば起こります。

誰かの権利が侵害されたり、彼らが必要とするお金を得たりしない、管理者が会社の定款に反する、あるいは法律に違反するような決定を下すこともあります。だから企業の紛争があります。

この概念を定義します。

企業紛争 - これらは、一方の当事者から他方の当事者への財産または非重要請求の存在下で生じる法人内の紛争状況です。

そのような紛争を解決するには、審判前命令と裁判所の2つの主要な選択肢があります。弁護士は誰でも訴訟を起こすのは困難で、長く、そして費用がかかると言うでしょう。しかし、当事者間の交渉が常に紛争の当事者全員を満足させる結果につながるわけではありません。

そのような場合、裁判所はその事件 - その目的が法律に従って市民と法人の権利を回復することである州当局 - に入ります。関係する企業紛争 仲裁 裁判所。

ロシア連邦の各主題には独自の仲裁裁判所があります。紛争は、回答企業が地理的に関連している団体によって決定されます。会社の正式な住所は、税務サービスのWebサイトで簡単に見つけることができます。

私たちは、企業紛争の主な種類を列挙します。

  • 法人の設立、再編成、破産および清算に関連する紛争。
  • 株式および授権資本の株式、協同組合の株式に関する紛争。
  • 創業者、共同所有者、および会社の参加者の財産上の請求から経営者への紛争。
  • 統治機関の指名、活動の終了および中止に関連する状況
  • 証券の発行に関連する対立
  • 法律事務所の困難な取引
  • 統治機関の決定に訴える - 例えば、総会の同意なしに新しい参加者が会社に入った場合。
  • 財産の再配布、レイダー攻撃に関する紛争。

企業紛争の当事者は、投資家、所有者、株主、規制機関、および企業そのものです。

紛争は対外的および内的です。外部 - これらは企業の急襲的発作および財産の再分配です。内部紛争には、株主、所有者、投資家、そして特定の会社の経営陣が含まれます。

司法慣行では、企業の対立は最も対処が困難なものです。紛争は参加者間の個人的な嫌悪によって複雑になることが多いため、当事者間の調整は理想的だが達成できない選択肢である。

企業紛争は詐欺に関連しており、法執行機関や行政当局の介入を必要とするため、しばしば紛争が長引くことがあります。

財産紛争の訴訟の過程で、当事者はほとんど常に反訴を提起し、紛争財産の逮捕を要求し、その使用権を制限します。これは訴訟の時間を大幅に増加させます。

企業紛争の例

大企業の株主が、取締役会の特定の決定を無効にする請求を提出しています。特に、彼は改訂され、新しく設定された配当金額には満足していません。彼の意見では、配当の金額は控えめであり、株式の実質所得に対応していません。

仲裁廷は訴訟を受理し、法的手続を開始します。その間に、JSC憲章および現在の法律の特定の条項に基づいて決定が下されます。その結果、裁判所は株主の主張を満たし、より多くの配当金を支払うとともに、道徳的費用および訴訟費用を補償することを決定しました。

司法手続きは、定められた規則に従って厳格に行われます。 2つの関係者が関与しています - 原告と被告です。

紛争の対象 - 会社の動産および不動産、株式資本、証券およびその他の資産。

司法上の意思決定は、さまざまな関連要因、特に請求の証拠書類の入手可能性に左右されます。

2.どのような理由で企業の対立が発生しますか - 5つの主な理由

実際、そのような理由が何百もないとしても、数十もあります。

しかし、私たちは最も特徴的で一般的なことを考えます。

その1構成文書を変更する必要がある

多くの場合、会社の活動には構成文書の変更が必要です。たとえば、創設者の構成、株式資本の規模、会社の活動の方向性などがあります。

裁判所以外の方法で文書を変更することが不可能な場合もあります。これは、一部の企業メンバーがそのような変更に反対したり、公共サービスの介入を必要とするその他の障害がある場合に起こります。

理由2。企業社会からの参加者の除外。

憲章に違反する、または不正行為の疑いがある企業コミュニティの参加者は、AO会員の数から除外されます。総会で不快な人を単純にリストから削除することは必ずしも可能ではありません。時にはそれ(本人)がどうしても排除に反対し、裁判所でその権利に異議を申し立てます。

理由3.追加株式の発行があります。

このカテゴリには、証券の発行およびその配置の過程で行われた取引に関連する紛争が含まれます。このような行動の過程で憲章または法律の条項に違反した場合 - これが関係当事者への訴えの理由です。

理由4.配当金の未支払い。

あなたは会社の株主であり、特定の財産の所有者であり、収入の一部を受け取る権利を有します。会社は順調に推移しており、株価は上昇しており、そして何らかの理由であなたは配当を支払うことを急いでいません。約束したが。他の株主と団結し、仲裁裁判所に連絡し、彼らの権利の満足を要求します。

理由5.株式や株で取引をする。

経営陣は、株主総会後に限り、株式、債券および会社株式と取引を行う権利を有します。決定は多数決によって行われます。意思決定手続きに違反した場合、利害関係者は、経営者の行為を違法であると認めることを要求して仲裁裁判所に申請する権利を有する。

3.企業紛争がどのように検討されているか - 5つの基本的なステップ

実務は、企業紛争がより専門的かつ一貫して行動する者に勝つことを示しています。衝突は企業の活動を阻害し、時にはそれを完全に阻止することさえあり、それは大きな損失につながります。

これを避けるために、専門の弁護士と弁護士を通して行動してください。原告であるか応答者であるかは重要ではありません。資格のある専門家がプロセスに関連するコストを最小限に抑え、希望する結果を達成するのに役立ちます。

あなたの組織が経験豊富な企業弁護士を持っている場合は素晴らしいですが、すべての企業がこの贅沢を享受できるわけではありません。

私はすでに企業紛争の管轄について話してきました - 今日は仲裁裁判所だけがそれらを扱います。

裁判前の状況解決の可能性についても忘れないでください。プロセスを開始して先導するよりもはるかに安価です。さらに、誰も試験の結果を予測することができません。

たとえあなたが100%正しいとしても、これはあなたにとって有利な決定を保証するものではありません。法律は事実、文書、証拠をもとに活動しています - あなたの訴訟を立証するのに十分でない場合、あなたは裁判所ではなく、あなたのせいです。

そして今 - 企業紛争の検討の主な段階。

ステージ1。クレームの作成と提出

請求明細書は、行政手続規則によって定められたそのような文書に関する一般要件に従って作成されなければならない。

アプリケーションで示す必要があります:

  • 紛争に関与した法人の州登録番号。
  • 登録に含まれている会社の正式な住所。

企業の活動を確認する文書、たとえば会社の憲章、および国税の支払いの領収書などの追加の文書が添付されています。

請求は、原告またはその認定代理人の署名をもって書面でのみ提出されます。

アプリケーションに何を書く?回答者の要件、状況の根拠となる事実、あなたの立場の証拠。法律の関連条項および組織の憲章の条項を参照することをお勧めします。紛争が金銭的なものである場合は、文書内で回収額の計算を行います。

訴訟は裁判所に提出されるか、配達の通知とともに書留郵便で送られます。ポータル「私の仲裁人」を介して電子的に申請書を提出するという選択肢もありますが、原本は依然として法廷で要求されます。

心に留めておいてください:裁判所は訴訟だけではありません。作成された請願書、申請書、苦情、および確立された手順に従って準備されたその他の文書が役立ちます。そのような論文が多いほど良い。

ステージ2.紛争の全参加者への通知

紛争の参加者全員に裁判の開始を通知しなければなりません。裁判所が申請を受理して判決を下したとき、裁判所は両当事者に訴訟を通知します。

ステージ3。文書の提供

ケースに関連するすべての文書は、あなたが収集して適切に手配する必要があります。あなたが弁護士を通して行動するならば、「紙」の仕事に従事するのは彼です。あなたの仕事はこれで彼を助けることです。

ステージ4.裁判所の懇談会の実施

プロセスの期間は、事件の複雑さと当事者の活動によって異なります。最初に、両方の当事者が招集される予備会議が開催され、それから本会議が開催されます。

予備会議で:

  • 紛争の性質および適用される法律の条項を決定します。
  • 公正な裁判に関連する状況は調査中です。
  • 事件に関与する人々の構成の問題は解決されている。
  • 当事者間の調整を図ろうとしています。

裁判所は、事件の証拠の収集および提示における手続の当事者への可能な限りの支援を提供します。

裁判所が明確な場合は、最初の本会議で決定が下されます。しかし、当事者が新しい文書、事実および証拠を提示した場合、事件は延期されます。仲裁裁判所は独自の勤務スケジュールを持っています - 時には訴訟手続きは1週間延期され、時には数ヶ月延期されます。

事件の検討には、当事者の立場の明確化および資料の検討が含まれます。必要に応じて、証人と専門家が訴訟に関与します。その過程で、参加者またはその代理人が自分の立場や苦情を立証する裁判の審理が頻繁に発生します。

このプロセスの平均期間は2〜3ヶ月ですが、具体的な指標は付随する状況によって異なります。

ステージ5。裁判所の判決の承認と執行

裁判所は、法律で定められた法的​​根拠を指定して決定を下します。判決は法廷審問で発表される。その過程で、だれが訴訟費用をどのようにカバーするのか、そしてその方法が発表されます。参加者は期限内に決定を上訴する権利があります(30日)。

決定は強制執行の対象となります。被告が期限を守らなかったり、期限を守れなかった場合は、追加の罰則が科せられます。財産義務の執行には廷吏が含まれていた。必要に応じて、彼らは被告の銀行口座または財産を差し押さえるでしょう。

この表は、事務作業のすべての段階の機能を明確に示しています。

ステージ重要なポイント
1訴訟を起こす法人の身分を確認する書類が申請書に添付されている。
2紛争の参加者に警告する当事者は事務作業の開始を通知されなければなりません。
3文書の提供書面による証拠が多いほど、訴訟に勝つ可能性が高くなります。
4議事録数ヶ月から6ヶ月続く
5決定を下す必須

4.企業紛争解決における支援 - TOP-3法律事務所の概要

私がすでに言ったように、あなた自身で企業論争に勝つことは容易ではありません。同時に、いかなる内部紛争も会社を混乱させ、建設的発展を妨げます。専門弁護士の参加は状況の解決をスピードアップし、成功の可能性を大いに高めます。

民法の分野で働いている最も有能な会社のレビューを読んでください。

1)法学者

弁護士ポータルは、特に市民と法人に対する遠隔支援のために作成されました。専門の専門家のサービスを利用するためには、誰もが権利を持っています。サイトを通してあなたの質問をして専門家の助言を得ることで十分です。あなたが行動のアルゴリズムと特定の助言で詳細な答えを必要とするならば、有料のサービスを使ってください。法律の関連条項に関する弁護士の簡単な相談は無料で提供されます。

より複雑なインタラクションオプションもあります:あなたは文書を起草する際のウェブサイトの援助または裁判所での代表サービスを通して注文します。この場合、あなたはあなたの街の弁護士に連絡します。合計で数千人の専門スペシャリストがリソースに協力し、500〜700人の弁護士が常にオンラインになっています。

ポータルの主な利点は、低価格、スピード、経験豊富な弁護士や弁護士の参加です。

2)主

さまざまな分野の弁護士や弁護士のチーム。企業内紛争や分野横断的な法的問題のみを専門とする従業員がいます。同社は一般市民と法人の両方を支援します。

「主」の原則 - 開放性、誠実さ、そして相互信頼。あなたはすぐに隠された料金なしでサービスの価格を示すでしょう。専門家は、法律上最も困難なものであっても、あらゆるビジネスを引き受けるでしょう。

3)権利保護センター

「権利保護のためのセンター」で無料相談を予約すれば専門家は彼らがあなたのケースでどのように機能するかそして成功の可能性は何であるかを詳しく説明するでしょう。社内の紛争に加えて、専門家は、取引相手との紛争、政府機関との紛争、建設紛争、税金、労働、土地などの手助けをし、仲裁の代表を組織します。

5.企業紛争を解決するための選択肢は何ですか - 3つの主な選択肢

企業紛争に巻き込まれる人は主に主な質問に関心があります - 紛争状況を終わらせるものは何ですか。

妥協案に加えて、当事者の裁判所または仲裁人が異議申立人を和解させることに成功した場合、3つの主要な選択肢があります。

選択肢1.清算請求の提出および会社財産の分割

裁判所は会社を清算し、紛争の当事者間で会社の財産を分割することを決定しました。そのような評決は、紛争が純粋に経済的なものであり、企業の義務の履行(または逆に不履行)に関連している場合にしばしば行われます。

オプション2.合資会社を出る

合資会社のメンバーが、彼を満足させる条件について会社の経営陣と合意できなかった場合、そのような機会が憲章によって規定されていれば、合資会社から撤退するでしょう。同時に、彼は会社の資産シェアの実際の価値を支払います。

オプション3.合資会社からの除外

そのような決定は、参加者が自分の行動によって会社に害を及ぼすことが証明された場合 - 機密情報の開示、個人的な目的のための企業の一般資産の使用、企業の財務状況を悪化させる場合 - である。彼には補償はありません。

法律事務所の代表者が企業紛争の性質と種類について語っているビデオを見てください。

6.まとめ

それでは、皆さん、企業紛争とは何か、そして誰がその解決策を取り扱っているのかがわかりました。

読者への質問

企業紛争について他に何が知りたいですか?記事にコメントを書いてください。

雑誌「HeatherBober」のチームはあなたが同僚と静かな仕事と理解することを望みます!この記事へのコメントに感謝します。 Ставьте нашим материалам оценки и лайки в соцсетях!またね。

Loading...